2020年10月にリリースされたGoogleアナリティクスの新ヴァージョン「Googleアナリティクス4プロパティ」で内部トラフィック(自分のアクセス)を除外する方法です。

自社でホームページを作っている場合などに、見直したり修正するたびにアクセスをカウントされてしまわないようにして、正確なアクセス数の把握と、ウェブサイトの改善の一助となれば幸いです。

※ユニバーサルアナリティクスプロパティ(旧Googleアナリティクス)での内部トラフィック除外方法は、以下のURLよりご参照ください。
https://yamanashisyuukyaku.com/seo/remove-my-access/

【注意】
設定直後はカウントされますが、しばらく経てば除外されるようになります。その点をご了承ください。

手順

Googleアナリティクス4プロパティで内部トラフィックを除外する手順は、大きく分けると以下の2ステップです。

  1. データーストリームで内部トラフィックの定義をする。
  2. 定義したフィルタを有効化する。

それぞれの手順を図解入りで解説します。

データーストリームで内部トラフィックの定義をする

STEP.1 ログイン
Googleアナリティクスプロパティのホームにある「管理」をクリックします。

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.1

STEP.2 データストリームをクリック
「プロパティ」→「データストリーム」をクリックします。

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.2

既に作られている内容をクリックします。(GA4設定時に作成されます)

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.2-1

STEP.3 タグ付けの詳細設定をクリック
画面下部にある「タグ付けの詳細設定」をクリックします。

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.3

STEP.4 「内部トラフィックの定義」をクリック

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.4

「作成」をクリックして進みます。

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.4-1

STEP.5 内部トラフィックルールの作成
①→④の順序で進めてルールを作成します。

Googleアナリティクス4プロパティ 内部トラフィック定義Step.5

①ルール名…自分の分かりやすい名称を付けます(例.自社アクセス除外)

②IPアドレスを確認…クリックすると、自分が今アクセスしているパソコン、スマホ等のIPアドレスが表示されます。(以下の画面参照)

IPアドレスはIPv6とIPv4の2種類が表示されますが、どちらでも構いません。コピペしておきましょう。

IPv6アドレス IPv4アドレス

③マッチタイプ…②で調べたIPアドレスを「どのように」設定するか選択します。

マッチタイプの選択

例えば、複数の機器のIPアドレスを②で調べたとき、IPv6アドレスが
 ・aaaa:bb:cccc:0001:~
 ・aaaa:bb:cccc:0002:~
というような場合は、「次から始まる」を選択して、「値」には共通部分の
  aaaa:bb:cccc
を入力します。

以上で「内部トラフィックの定義」は完了です。
ですが、これだけでは内部トラフィックの削除はできません。次に「定義したフィルタの有効化」に進みます。

定義したフィルタの有効化

STEP.1 「データ設定」→「データフィルタ」をクリック
プロパティまで戻り、「データ設定」→「データフィルタ」をクリックします。

Googleアナリティクス4プロパティ フィルタの有効化Step.1

STEP.2 フィルタの状態を「有効」にする
現在の状態が「テスト」になっているので、これを有効」にします。

> をクリックします。

Googleアナリティクス4プロパティ フィルタの有効化Step.2

「有効」にチェックします。

Googleアナリティクス4プロパティ フィルタの有効化Step.2-1

以上で「フィルタの有効化」は完了です。

まとめ

現時点では多くの企業で導入されているユニバーサルアナリティクスプロパティ(UA)ですが、いずれGoogleアナリティクス4プロパティ(GA4)に切り替わると思われます。

その時に、UAで収集したデータがGA4に引き継がれるなら理解も早いと思いますが、現時点では引き継がれないようですし、GA4のデータはUAとは別物のようです。

UAとGA4は併用できるため、今のうちからGA4を導入してデータの見方など慣れておくとよいと思います。