山梨集客ドットコム-Facebook広告の制作・運用

今や日常的に利用するのが当たり前となったスマートフォン。

その利用内訳の中で、日本では全人口の80%が1ヵ月に15時間以上もSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を見たり、投稿に時間を使っているとの報告も・・・

そんなSNSに広告を出して、ビジネスの拡大をしませんか?

Facebook広告で新規顧客の開拓を考えているあなたへ。

そんなSNSの中でも利用者が多い Facebookinstagram

2つ合わせた日本国内の月間アクティブユーザー数は約6,000万人

(※2012年4月、instagramはFacebookに10億ドルで買収されたため、Facebookに広告を出せば、instagramにも広告が出せるようになりました)

Facebookやinstagramはスマホで見られているため、スマホに絞って広告を流せば、パソコンへの配信を省くことができ、費用も抑えながら多くの人に見てもらえます。

しかしながら、手あたり次第に広告を出せばよいというものでもありません。

他の広告手段と比べて優っている点もあれば、劣っている点もあるからです。

Facebook広告のメリット・デメリット・特徴

メリット

  1. 地域、性別、年齢などを絞って広告できるので、広告しても意味がないターゲットや地域、性別を省いて、効果を高める事ができる。
  2. 20~40代の女性利用者が多いinstagramにも広告を流す事ができる
  3. facebookの投稿を見ている時に広告が表示されるため、違和感なく広告を見てもらうことが出来る。
  4. 自分の都合で配信するのもストップするのも自由自在。
  5. 1日500円から広告が出せて、決めた予算以上の費用がかからない。(※投稿済み記事の広告であれば、1日100円からでも投稿可能です)
  6. 日本国内だけでなく、海外にも広告配信できる。

デメリット

  1. Facebook(instagram)を利用していない人には、情報を伝える事ができない。
  2. 運用の手間がかかる。(例 同じ広告画像を流し続けていると、飽きられてしまう)

特徴

Facebook広告は、よくリスティング広告と比較されます。

リスティング広告とは
検索連動型広告のことです。
検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示します。

しかし、Facebook広告とリスティング広告では、広告閲覧者が広告をクリックする時の「動機」が全く違います

リスティング広告
検索エンジンの検索結果として表示される=検索者の「探し物の結果」として表示される。
 ↓
ターゲットのニーズと広告に表示されている内容がキーワードによってマッチングしていれば、検索者は高確率でクリックする。
Facebook広告
検索の結果として表示されるわけではなく、投稿を見ているときに、何の前触れもなく表示される。
 ↓
「なんだろう?」「興味があるな……」といった程度の動機でクリックされる事が圧倒的に多い。

Facebook広告の本当の強み

リスティング広告では「ああしたい、こうしたい!」と欲求が具体的になっている人に有利な広告方法です。

しかしFacebook広告には、Facebook広告にしかできない強みがあります。

それが

広告を見てもらうために、検索される必要がない

という点です。

リスティング広告を見てもらったり、ホームページを見てもらうには「検索されて、その結果として表示される」必要がありますが、Facebook広告においては、年齢や地域、性別を指定するだけで、キーワードを指定する必要なく、多くの人に見てもらえます。

その点は、テレビCMとよく似ています。あのCMが見たいと言ってみている訳でもなく、画像が目に入り、音声が耳に入ってきます。

そんなFacebook広告がリスティング広告よりも効果を発揮する商品、サービスの一例をお伝えします。

Facebook広告が有効な「商品、サービス」

キーワードにしにくい商品(新商品)やサービス

これまでになかった斬新な商品などは、キーワードで検索されるようになるまで相当な時間がかかりますが、Facebook広告ならあっという間に広告表示できます。

例えば、スイーツショップを経営していて、新しいスイーツを開発したとします。ですが、そのスイーツの名前が知られていないので検索される事も無く、リスティング広告やSEOでは売りにくい商品です。

しかし、Facebook広告であれば、そのスイーツを美味しそうに食べているお客さんの様子を動画で紹介すれば、簡単に知ってもらうことができますし、買ってもらえるようになれます。

キーワードで絞りにくい商品やサービス

3語、4語、5語と複合キーワードを組み合わせてもなかなか検索にヒットしない商品でも、Facebook広告なら画像で簡単にアピールできます。

例えば、アパレルでは膨大な種類の商品を抱えており、「シャツ チェック かわいい ピンク」といったキーワードで検索しても、品数も豊富なだけに、自分の好みにマッチした商品を探すのは一苦労です。

ですがFacebook広告なら画像で表示して「かわいい!」「かっこいい!」と思わせる事ができれば、自分の欲求に気づいていないユーザーであっても興味を惹かれ、広告をクリックしてくれます。

年齢や性別がそのままターゲット層になる商品やサービス

Facebookユーザーがアカウントに登録した個人情報を使ってターゲッティング(絞込み)ができますが、そのまま商品のターゲット層になるような商品、サービスは非常に有利です。

特に、アカウント作成時の必須の情報となる「年齢」と「性別」が使える商品、サービスにはFacebook広告がお勧めです。

例えば、以下の様な場合です。

  • 化粧品をアピール・・・あらゆる年齢層の「女性」が対象となります。年齢のターゲット層があるなら、年齢層を絞って配信します。
  • 老人ホームの案内・・・ターゲット層は40歳以上として、性別は関係ありません。趣味や職業で絞り込む必要もありません。地域を絞って配信することもできます。

リスティング広告だとライバルが強すぎる商品やサービス

資本力のある広告主は、効果の高いリスティング広告の上位表示に徹底的にこだわります。そのため、クリック単価が高騰し、中小企業や個人のアフィリエイターでは太刀打ちできません。

しかし、リスティング広告に注力しているため、Facebook広告が比較的手薄になっている事が多々あります。そういう場合もFacebook広告を試してみる価値があります。

実施例

就職希望者を集める。対象者を山梨県内のみに限定。

サービスのキーワードが打ち出しにくく、またターゲット層がどこにいるのか不明なため、「年齢」「性別」を絞って配信。

山梨集客ドットコムのfacebook広告結果。山梨県内限定で就職希望者を募った。56,973円の広告費用で、68,616回の広告閲覧があり、うちLP閲覧は1,169回。そこから15人のお問い合わせがありました。

【実施内容】
8月28日~10月24日までの約2ヵ月間、1日1,000円の予算で実施。

【結果】
Facebook利用者の画面に68,616回表示され、詳細ページ(ランディングページ)に1,169回の訪問がありました。内、15人からお問い合わせ、お申込みがありました

高額ペット商品を地域・数量を限定して販売する。

ターゲット層の「趣味」「嗜好」を絞り込み条件にして配信。

山梨集客ドットコム実施のfacebook広告結果。高額ペット用品を販売。広告予算30,000円で、19,559回の広告閲覧があり、準備された販売価格40,000円の商品全数完売。

【実施内容】
広告期間は実質40日間。広告予算30,000円で実施。

【結果】
1個40,000円する商品が準備数全て完売。

このように、「どこに見込み客がいるのか分からない」「キーワードの選定が難しい」商品、サービスでも、Facebook広告なら反応を引き出すことができます。

Facebook広告で反応を出すためには?

Facebook広告は、1日当たり500円程度から行う事ができてとても手軽に始められます。しかし、反応を引き出すためのポイントがあります。それが以下の2つです。

  1. 広告の概要やイメージを一瞬で伝える「画像のクオリティー」
  2. 画像では伝えきれない情報を伝え、相手の感情を揺さぶる「見出し」

先ほど、“テレビCMに似ている”とお伝えしましたが、Facebook広告では、「画像」と「見出し」の影響がけた外れに大きい広告手段となります。この2つの要素のクオリティーが高くなければ、Facebook広告で大きな成果をだすことはできません。

また、最初は反応があっても、長期間掲載をしていると次第に反応がでなくなるため(広告疲労といいます)、こまめに表示素材を変えたり、見出しの文言を変えたりと言った対応も必要となってきます。

具体的にFacebook広告を出稿するために必要なこと

Facebook広告を始める為に必要なものは

  1.  Facebookアカウント
  2.  Facebookページ
  3.  クレジットカード
  4.  ランディングページ

この4つだけ。すぐにでも始めることができます。

Facebookアカウント

Facebookを利用するために取得する個人のアカウントです。名前や年齢などを登録します。

Facebookページ(企業ページ)

個人のアカウントに紐づけされた、自分のビジネスをお知らせするためのページです。

Facebookにログインして、自分のページの右上の▽からドロップダウンすると「ページを作成」と言う所があるので、そちらから作成します。

とても簡単にできるので、広告する前に済ませておくと良いです。

尚、作成したFacebookページは、実際に利用する必要はありませんし、そのページから無理に投稿する必要もありません。

必要最低限の情報だけ入力して登録しておけばよいだけです。

クレジットカード

Facebookの広告配信費用の支払いのため、クレジットカードを用意します。現時点では、クレジットカードでの支払い以外ありません。

「VISA」
「MasterCard」
「American Express」
「JCB」
のいずれかを用意しましょう。

ランディングページ

Facebook広告をクリックしてくれたユーザーの誘導先として用意するWEBページで、ユーザーを購入や問い合わせにつなげる為のページです。

ランディングページの役割や制作方法についてはネットで様々な方が説明しております。

ランディングページとは何か、これで分かる!

web集客の開花塾

制作会社に依頼すると1ページ10万円~と言う所です。

もっとお手軽に行うとすれば、ホームページに誘導したり、先ほど作成したFacebookページに誘導する事も出来ます。

ただし、誘導したターゲットに目的とした行動をとってもらう為には、ランディングページを用意する事がベストです。

料金について

Facebook広告を出稿するには、大きく分けて2つの費用が発生します。

1.Facebookの広告配信料
2.Facebook広告の制作費用

1.Facebookの広告配信料については、広告依頼主がクレジットカードで直接Facebook社に支払うこととなります。(3万円未満の少額の場合は、当社での立替も行っております)

2.Facebook広告の制作費用については、当社で承ります。

facebook広告の制作&運用料金(税別)

facebook広告の要素
  • Facebookアカウントの登録…無料
  • Facebookページ(企業ページ)の作成 5,000円~…トップバナー、サービス内容、会社概要の設定など。
  • Facebook広告の画像制作 5,000円~…写真加工、動画など。制作工数により変動。
  • Facebook用ランディングページ(1ページもの)の制作…50,000円~
  • Facebook広告の更新・管理 10,000円/月~

Facebook広告をお考えなら、当社にご相談ください。

山梨集客ドットコムでは、まだFacebook広告を出稿した事がない方でも出稿できるように、Facebookアカウントの設定からFacebookページの作成、広告制作、出稿、管理までワンストップで行っています。

また、集客コンサルタント/セールスライターとしての知識・経験により

  • ターゲットの視界に入った瞬間に興味を惹きつける「画像」の選定
  • セールスライティングのスキルで培った「心に響く見出し」
  • 反応状況をみながらの、適時での「画像」「見出し」の修正
  • 最終的なコンバージョンを引き出すランディングページの制作
  • 結果の検証、次回への提案

まで行っています。

Facebook広告の運用をお考えなら、タイムリーな対応と小回りの利く当社にご相談ください。

Facebook広告についてのブログはこちら
https://yamanashisyuukyaku.com/category/facebook/

お電話でのお問い合わせ090-1791-6676受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールはこちら お気軽にお問い合わせ下さい。