新しく制作したウェブサイト(ムームードメイン + ロリポップ)にGoogle Search Consoleを設定する手順を説明します。

TXTレコードを確認する

手順.1 Google Search Consoleにログインする

Googleにログインした状態で画面右上部のGoogleアプリをクリックし、Search Consoleをクリックします。(普通にGoogle検索などで「サーチコンソール」と検索しても良いです)

Google Search Console ログイン画面

手順.2 プロパティを追加する

プロパティ部分をクリックし、「プロパティを追加」をクリックする。

Google Search Console プロパティの追加
(複数のウェブサイトを管理している場合は、すでに設定済みのウェブサイトが表示される)

手順.3 プロパティタイプを選択する

「ドメイン」と「URLプレフィックス」という2種類が表示されます。

Google Search Console 2つのプロパティタイプ

2つの違いをサラッとお伝えしておくと
◆ドメイン…wwwの有無やサブドメインの有無など関係なく、まとめて設定できる。
◆URLプレフィックス…wwwの有無、サブドメインなどがある場合、一つずつ登録する必要がある。

今回は「ドメイン」を利用します。

ウェブサイトのURLを入力しますが、この時、https:// や / などは省いて入力します。

例)https://yamanashisyuukyaku.com/ → yamanashisyuukyaku.com を入力。

問題がなければ「続行」の色が変わり、クリックできるようになるのでクリックします。

手順.4 TXTレコードが表示される

TXTレコードが表示されます。
この後のDNS設定や確認でこの画面は使うため、閉じずにそのままにしておきます。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

ムームードメインのDNSレコードにTXTレコードを入力する

手順.1 ムームードメインにログインする

ムームードメイン ログイン画面

手順.2 ネームサーバ設定を確認する

「ドメイン操作」をクリックするとプルダウンで「ネームサーバ設定変更」が表示されるのでクリック。
取得したドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリックして、現在の状況を確認します。

ムームードメイン コントロールパネル

ここで、「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」がされていればOK。次の手順に進みます。

ムームードメイン ネームサーバー設定変更-1

「ロリポップ!レンタルサーバー」などにがされている場合は、「ムームードメインの~」にをして、ページ下部にある「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

ムームードメイン ネームサーバー設定変更-2

手順.3 ムームーDNSの変更をクリック

「ムームーDNS」をクリックし、対象とするドメインの「変更」ボタンをクリックします。

ムームーDNS

手順.4 「設定2」でTXTレコードを入力

「設定1」の下部に「カスタム設定」というボタンがあるのでクリックします。すると「設定2」が表示されます。

「種別」をTXTに変更し、「内容」の部分にGoogle Search Consoleの設定で表示されたTXTレコードを入力して、「セットアップ情報変更」をクリックします。

ムームーDNS TXTレコードの入力

問題なく設定されれば、以下のように「正常に終了しました」と表示されます。
OKをクリックします。

カスタム設定のセットアップは正常に終了しました。

セットアップ情報の確認画面が表示されます。

ムームードメイン コントロールパネル カスタム設定のセットアップ情報確認

以上で、ムームーDNSの設定は完了です。次はGoogle Search Consoleに戻り、「確認」をクリックします。

Google Search Consoleで所有権の確認を行う

Google Search Console DNSレコードの確認

「確認」をクリックするとチェックが行われます。
問題なく完了すれば、以下のように表示されます。

Google Search Console 所有権を証明しました

これで、ウェブサイトへのGoogle Search Consoleの設定は完了です。
「プロパティに移動」をクリックすると、 設定したウェブサイトの情報が表示されます。(設定直後は情報が収集されてないため、何も表示されません)

新しくできたプロパティ

まとめ

今回はムームードメイン+ロリポップサーバーで作成したウェブサイトにGoogle Search Consoleを導入する方法を図解で説明させていただきましたが、他のレンタルサーバーでも、Google Search Consoleの設定方法はそこまで変わりません(要は、DNSレコードにTXTレコードを追加すればよい)。

Google Search Consoleは、利用者がウェブサイトに訪問する前に取った行動(キーワードなど)を数字で可視化したり、新しく作成した記事をGoogleボットにクロールさせ、より迅速に検索結果に表示されるようにできます。

是非設定してウェブサイトの認知アップ、集客アップに活用しましょう。