Googleアナリティクス(GA4)は、Googleが無料で提供しているウェブサイトのアクセス解析ツールで、ウェブサイトに「トラッキングコード」と呼ばれる計測タグを設定すれば、ユーザーの行動に関するデータがわかります。

例えば、
「どのページにアクセスが集まっているか」
「サイトの訪問者はどこから来ているのか」
「ページの平均滞在時間や直帰率」

などのデータを計測することができます。

そのデータを確認することで、「このページの平均滞在時間が下がってきているので、内容を見直そう」といった改善につなげることができます。

ですが、今一つ設定方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、その「Googleアナリティクス(GA4)」のコード取得方法&WordPressサイトへの設定方法をお伝えします。

※Googleアナリティクスは、Googleが提供しているツールなのでGoogleアカウントが必要になります。Googleアカウントの取得方法については以下のURLから作成してください。

https://www.google.com/intl/ja/account/about/

Googleアナリティクス トラッキングコードの取得

手順.1 Googleアナリティクスのアカウント作成

以下のURLからGoogleアナリティクスのアカウント作成に進み、「無料で利用する」をクリックしてアカウントを作成してください。

https://marketingplatform.google.com/about/analytics/

手順.2 Googleアナリティクスの「ホーム」→「管理」をクリック

Googleアナリティクスのアカウント作成が終了したら、ページの左側にある「管理」をクリックします。

アナリティクス 管理

手順.3 アカウント「+アカウントを作成」をクリック

アカウントの作成

手順.4 アカウントの設定

「新しいアカウント名」を入力し、ページを下にスクロールして「次へ」をクリックします。

自分管理用の名称なので、ウェブサイトの名称などを入力します。

アカウントの設定

手順.5 プロパティの設定

「プロパティ名」を入力、「レポートのタイムゾーン」を日本、「通貨」を日本円(JPY)に修正し、ページをスクロールして「次へ」をクリックします。

プロパティの設定

手順.6 ビジネスの概要の設定

業種、規模、利用目的を選択して「作成」をクリックします。

ビジネス情報の入力

手順.7 利用規約等への同意

ビジネスの所在地を「日本」に変更し、「利用規約」「追加条項」に✅を入れて、「同意する」をクリックします。

Googleアナリティクス利用規約

手順.8 データストリームの設定

2020年10月から新しく新設された項目です。データ収集するプラットフォームを選択します。今回は新しく作成したウェブサイトのデータを収集したいのでウェブとしました。

データストリーム設定

手順.9 ウェブサイトのURL等を設定

ウェブサイトのURL、ストリーム名を入力し「ストリームを作成」をクリックします。ストリーム名はウェブサイト名でOKです。

ウェブストリーム設定

これでGoogleアナリティクスの設定は終了です。

あとは、取得したトラッキングコードをウェブサイトに設置して初めてアクセス情報が収集されます。

WordPressへのコード設定手順

取得したトラッキングコードをウェブサイトに設定することで、トラッキングが始まります。トラッキングコードとWordPressへの設置方法を解説いたします。

※ここからはWordPressにあるheader.phpの修正作業となります。

手順.1 トラッキングコードを見つけてコピーする

「ストリームを作成」後、設定内容が表示されます。
G- から始まる測定IDが取得されたことを確認します。

さらに「タグ設定手順」の「グローバルサイトタグ(gtag.js)ウェブサイト作成~」をクリックします。

ウェブストリーム詳細

手順.2 グローバルサイトタグをコピーする

測定IDタグが埋め込まれたタグが表示されます。

この部分を全部コピーします(○部分をクリックするとコピーできます)

グローバルサイトタグ(gtag.js)

手順.3 ウェブサイトのheader.phpにタグを貼る

WordPressにログインし、「外観」→「テーマエディター」と進みます。

外観 テーマエディター

テーマファイルの中で、テーマヘッダー(header.php)というファイルを選択します。

テーマファイル テーマヘッダー

<head>…</head> 内にコピーしたタグを入れる必要があります。

以下の画像のように、ファイル上部の方に
<meta charset>
<meta name>
と記載されている部分があります。
その直前部分(以下、緑色の部分)に入力すればよいです。

header.php タグ挿入位置

記述したら、ページ下部の「ファイルを更新」をクリックします。
以上でWordPressサイトへのタグ設定完了です。
(※WordPressのテーマによっては、headタグ内にアナリティクスコードなどを入力できるようになっているものがあります。そういう場合は、そちらにタグを入力します)

タグが正確に設置されているか確認する

設定したアナリティクスで「リアルタイム」を見てみます。

Googleアナリティクス4 リアルタイム ウェブサイトアクセス前

ウェブサイトにログインしてみて、数秒後に以下のようにアクセスが確認できれば設定は問題なく完了しています。

Googleアナリティクス4 リアルタイム ウェブサイトアクセス後

まとめ

Googleアナリティクス4(GA4)の設定方法を図解で示したつもりですがいかがでしたでしょうか?

ウェブサイトは作ったけど、どれくらいアクセスがあるのかが分からなければ、なにをどう改善していけばいいのかの目途もたちません。まずはこちらのGA4を設定して、自社サイトのアクセス数を確認するところから始めてみましょう。

あと、今回は【テーマのheader.phpに直接タグを貼る方法】をお伝えしましたが、テーマの更新などがあると設定したタグがクリアされてしまうこともあります。

そのような場合は、子テーマを作成し、子テーマ内のheader.phpにアナリティクスのタグを設定することで、親テーマが更新されてもタグが無くなってしまうことはなくなります。

参考程度ですが、以前当社が利用していたテーマLightningの子テーマの作り方もご参照いただければと思います。