メールが届かない時にチェックする事(特に携帯)

先日の事です。

「メール送ってるんだけど、戻って来ちゃう・・・」
と、あるお客様が私の隣でおっしゃっていました。

どうやら、先方の携帯に、
こちらのinfo@〇〇.co.jp という会社のアドレスで
メールを送っているようです。以前、私も同じような状況でいろいろ調べ、
対策した経緯がありました。

そこで、
「ホームページ制作会社さんに【SPFレコード】を
 設定してもらった方がよいですよ」
とお伝えしました。
(ホームページ制作会社さんが一括してサーバー設定等もしており
 残念ながら、私ができたのはそこまででした)


・お客様に重要な文書を届けたいのにメールで届かない。
・知らない間にお客様の迷惑フォルダーに割り振られ、埋もれてしまう。
・送ったはずなのに、相手は届いていないと言っている・・・。

そのような事は可能な限り回避したいものです。
その事が大事になる可能性も否定できません。

そのようなリスクを少しでも回避するのが「SPFレコードの設定」です。
と言う事で、今回は「SPFレコード」についてお伝えしたいと思います。


まず、「SPFレコードって何?」と言う事ですが、簡単に言うと
メールの配信元サーバーが 偽装されたものではないと証明する仕組みのことです。
詳しくは以下のサブミットさんの記事をご参照ください。
SPFとは?


サブミットさんの記事には、利用しているレンタルサーバーごとの
設定方法も記載されているので、とても参考になると思います。

また、お客様との連絡に利用しているメール
(冒頭のお客様なら info@〇〇.co.jp)に
SPFレコードが設定されているかどうか
すぐにチェックできるチェッカーがasumeruさんから
提供されているので、まずはこちらでチェックしてみるのもいいと思います。
SPFレコードチェック


因みに、冒頭の「メールが届かない」と言っていた方が
送信に利用していたアドレスをチェックすると
以下の結果でした。

これをどう直せばいいのかについても
asumeruさんが詳しく解説してくれています。
SPFレコードの確認方法


尚、asumeruさんは無料でSPFレコードの代行設置もしてくれるようです。

自社ホームページをお持ちの企業様、webご担当者の方は
一度SPFレコードチェックする事をお勧めします。

Follow Me!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

起業から3ヵ月