自社の商品をもっと多くに人に知って欲しい。

もっと売上をアップしたい。

と考えると、

じゃあ、結局、何をすればいいの?

ということになるのですが・・・

今回はその点について、一つの解決策をお伝えできればと思います。

売上アップ対策 その1

まず、お客様を増やすために

広告宣伝にお金をつかうこと

が挙げられます。

チラシを配布したり・・・

インターネットで広告したり・・・

しかし、お金をかけて広告しても

お客様に購入してもらわなければ

結局売上アップには結びつきません。

お客様を増やす行為には、

少なからずお金がかかるという

リスクが伴います。

集客対策 その2

次に考えられることは

少ないお客様でも売上が上げられるように

商品・サービスの価格アップに踏み切る

ことです。

ですが、この対策には少なからず抵抗を感じると思います。

『現状でさえお客さまが少ないのに、値上げなんてしたら、もっと来なくなっちゃうじゃん』

と思うわけです。

それは事実だと思います。

ただし、商品・サービスの価格以上に

価値を提供していれば

その価値を分かっている人は残ります。

じゃあ、それ以外の対策は無いのでしょうか?

このように考えると、

なかなかリスクを伴わずに

売上を上げる方法というのは

少ないと思います。

ところが、ここに

どんな業種でも
どんな業界でも
通用する
売上アップ対策

があります。

心して、続きをお読みください。

リスク無く、費用も抑えて売上アップ!?

「うさんくさい・・・」

とお思いでしょうが、

とりあえず最後までお読みください。

やろうと思えば、

あなた自身で行うこともできます。

費用はとりあえず3,000円もあればいいのではないでしょうか。

その対策とは・・・

『取引の止まっている既存のお客様に案内を出してみること』

です。

え!? それだけ?

と思うかもしれませんが

お客様を増やすために広告宣伝するより

断然コスパがいいんですよ!

その理由をお伝えします。

既存のお客様に案内を出す理由

まず、既存のお客様は

あなたの扱っている商品やサービスのことを知っています。

そして何より、

あなたの顔を知っていたり、会社のことも知っています。

人は出来ることなら

自分の知っている人や会社から商品・サービスを買いたい

と思っています。

あなたもそうだと思いますがいかがでしょうか?

つまり、現時点で

ほかの会社より優位に立っている

ということです。

「お客様に認知されている」

というのは「あなたの強み」ですし、

あなたが長い年月をかけて築き上げてきた資産

です。

それを有効活用することは

ビジネスを有利に進める鉄則ではないでしょうか。

ほったらかしになっている既存のお客様

多くの経営者さまに集客のアドバイスをしてきましたが

「新規、新規・・・」と新規獲得に目を向けている経営者様は多いのですが、

既存の顧客に目を向けている経営者さんは少ないという事実。

その新規獲得も

一旦取引が始まってしまえば

ほったらかしにされるお客様が多い事実。

何もしなくたって、注文が入ると言って

ほったらかしにされていい気分はしないですよね。

その結果、せっかく始まった取引が

だんだん少なくなって、

あえなく終わりを迎えます。

そして、また新規獲得に奔走することになります。

でもまた取引が終わって、次の新規獲得へ・・・

つまり

「取引の終焉」の原因を作っているのは、ほったらかしにした自分

にあるのではないでしょうか。

相手の業態変化もありますが

ほとんどの場合は

相手の都合で取引が終わる訳ではない

ということを肝に銘じておくべきです。

また、

利益を運んできてくれるのは既存顧客だ

という事実も認識すべきです。

人と人の関係性が叫ばれている今だからこそ

もっと既存顧客さんを大切にしなければなりません。

具体的な取り組み方

まずは売上台帳とか顧客名簿とかを

ペラペラっとめくって

まずは取引が終わって間もないお客様を

ピックアップします。

電話で直接お話する事が出来れば

それが一番ですが

相手の都合もあったりしますので、

おハガキを出してみる

ことをお勧めします。

郵便はがきで既存顧客維持

電子メールという手もありますが

ハガキにはかないません。

ハガキと電子メール、

どちらがもらって嬉しいかと訊ねられれば

圧倒的におハガキと答える人が多いでしょう。

電子メールは手軽ですが、

手軽ゆえに想いが伝わってこないからです。

何を書くかについては、例えば

「ご連絡(あるいは取引)がございませんでしたが、何か問題でもありましたでしょうか?」

と、相手の状況に焦点を当てて文章を作成します。

ポイントとしては

  • 手書きで
  • インクは黒か青で
  • 切手をしっかり貼って出す(後納郵便とか使わない)

ことです。

大切なことは「今」取り組むこと。

もし、あなたがこの記事を読んで、

「そういえば、自分もほったらかしにしているかも・・・」

と感じたら、今が行動に移す時です。

自分の都合で、相手との関係が疎遠になったとしても

ハガキをもらって嫌な気にはなりませんし、

それでお取引がまた始まったら

以前にも増して素晴らしい関係性が築かれるでしょう。

いずれにしても、やってみる価値はあると思いませんか?

行動に移すポイントとしては、

「相手はどう思うだろうか?」と余計なことは考えず

やると決めて、ササッと取り掛かることです。

おハガキ一枚でできる、売上アップ対策

あなたも始めてみませんか?

山梨集客ドットコムでは、「既存顧客の維持」対策として、おハガキを使った販促対策も行っております。 どのような文章にしようかといったご相談も受け付けています。 詳細につきましてはお問い合わせ下さい。