お客様から質問されました。

「どうしたら、もっとお客様を呼び込めるようになるのでしょうか?」

それに対し、状況を確認して提案しても

「それはちょっと・・・」

とお断りされることがあります。

もちろん、全ての提案が通る訳ではありません。内容に分からないことがあったり、費用や料金の面で折り合いがつかなかったり。

でも――まだやってもいない、結果も分からないのに――やらないのは、どうしてなのでしょうか?

そこには「気持ち」の部分が多く関係していると感じます。

その「気持ち」というのが

  • 失敗したくない。
  • 新しいことを始めるのが怖い。
  • 自分の業界には、そんな方法は通用しないと思い込んでいる。
  • お客様からひんしゅくを買いたくない。

といった「不安や恐れ」の気持ちです。

不安や怖れの気持ちを振り払うには?

人は「失うこと」に強い恐怖を覚えます。

例えば「クイズに正解したら1000円もらえる。しかし間違えたら1000円払う」という条件だったら、クイズに参加しない人の方が多いと思います。

この感情は「集客対策」――やってみなければ結果が見えない――ということに対しても働きます。

その結果、どんなに「集客に取り組まなきゃ」と思っていても、行動にブレーキがかかってしまいます。(=マインド・ブロックと言います)

このマインド・ブロックを振り払うには、集客対策に対する考え方を改める以外にありません。これをマインド・セットと言います。

  • 集客対策には時間もお金もかかる。
  • 「すべてテスト」という気持ちで取り組む。
  • 集客対策に失敗は無い。本当の失敗は、テストの結果を次に活かさないこと。
  • 100%成功する集客対策は無い。だからある程度準備できたらササっとリリースすること。

マインド・セットができている経営者さんは、

  • 集客対策に対する考え方がポジティブ。
  • 対策の実行までのスピードや決断が早い。
  • 結果を結果として受け止め、例え結果が芳しくなくても悲観しない。
  • 新しいことに挑戦する貪欲さを常に持ち、失敗を恐れない。

それは、経営者さんと接していればすぐに分かります。

こうなると、あとはトライ&エラーでPDCAを回していくだけで、自ずと業績はアップします。

まとめ

「集客対策」といっても無数の方法がありますし、正解もありませんが、一つだけ言えるのは「集客しなければ、会社経営は苦しくなる」ということです。

これは決して大げさな事ではありません。

別にあなたがしなくても、同業他社が本気であなたが築いたポジションを奪おうと集客対策を始めてしまえば、そのポジションは「いとも簡単に奪われてしまう」ということを真剣に考えるべきです。

もしあなたが、集客対策になかなか取り組めないなら「マインド・ブロック」が掛かっていないか確認してみて下さい。

そして、マインド・ブロックにかかっていると思ったら、「集客はテスト」という心構えをもって、まずは少額費用・小規模から取り組んでみましょう。

結果が出るまでテストして、結果が出たら費用をかけて大々的にやればいいのです。