Facebookページの作り方

Facebookページの作り方|山梨集客ドットコム

Facebookでは、個人アカウントのほかにビジネス情報を伝えるための「Facebookページ」というものを作ることができます。

Facebookページを持つことで得られる一番のメリットは「広告を出稿できること」です。

新商品やイベント情報など、通常の個人アカウントでは拡散が進まなくても、広告出稿でスピーディにターゲット層に情報を届けることができます。

いずれFacebookに広告を出してみようかなと思ったら、そんなに時間はかかりませんので作っておくとよいでしょう。

Facebookページ 制作手順

ステップ1 Facebookにログインし、作成 → ページ と進みます。

企業用の「Facebookページ」は、個人のアカウントに紐づけて作ることができます。個人アカウントが無い場合は、お使いのブラウザで「Facebook アカウント作成」と検索し、個人アカウントを作成してください。

ステップ2 ページを選択し「スタート」します。

「ビジネスまたはブランド」と「コミュニティまたは公人・著名人」とありますが、地域でお店を持っている場合は「ビジネスまたはブランド」を選択します。

ステップ3 「ページ名」と「カテゴリー」を入力し「次へ」進みます。

「ページ名」は、75文字以内(半角も全角も一文字カウント)という規定となっています。当社の場合 企業経営者に売上アップの対策と戦略を提供する【山梨集客ドットコム】 としました。

どんな会社なのかも分かるようにするために、「地域名+業種+社名」などがおすすめです。

「Category」には、自分の業種に当てはまる単語を何個か入力してみます。あまり細かいCategoryは無く、「ローカルサービス」や「ショッピング・小売」などに落ち着くことが多いです。

ステップ4 プロフィール写真の追加

「プロフィール写真を追加」は後でできるので、スキップします。

ステップ5 カバー写真を追加

「カバー写真」も後で追加できるので、スキップします。

ステップ6 オンライン予約を受け付け

「予約機能」も後で追加できるので、「後で」をクリックして進みます。

ステップ7 プロフィール写真等の設定

「プロフィール写真」「カバー写真」「+ボタンを追加」などを設定します。

  • プロフィール写真・・・会社のロゴなど。
  • カバー写真・・・ビジネスのイメージがつかめる写真など。
  • +ボタンを追加・・・「予約する」「電話する」などあるので、アクションしてもらいたいものを選択します。

ステップ8 会社情報等の設定

画面右上の「設定」→画面左の「ページ情報」と進むと、会社詳細、ホームページURL、メールアドレスなどを設定できます。

これで一通りの設定は完了です。

カバー写真について

サイズ

Facebookページのカバー写真は、パソコンで見られる場合とスマホ・モバイルで見られる場合では縮尺サイズが違うため、パソコンではきれいに収まっていても、スマホで見たら端が切れていた・・・ということがよくあります。

そこで、パソコンで見てもスマホで見ても見切れないカバー写真のサイズは、以下のものになります。

Facebookページ カバー画像 サイズ

スマホ表示サイズとPC表示サイズの縦横の最大幅(横820px 縦360px)で作成し、どちらのサイズでも重なるセイフティゾーン(横640px 縦312px)に重要な部分を納めます

そうすれば、PCで見てもスマホで見ても、大事な部分が見切れることはありません。

作成するツールは「Canva」がおすすめ!

これでカバー写真のサイズは分かったけど、px(ピクセル)で指定して作るツールが無いという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいツールが無料で使えるツールCanva(カンヴァ)です。(ログインURLは https://www.canva.com/signup )

Googleアカウントやメールアドレス等で登録するだけで、きれいな写真素材、様々なタイポグラフィー(文字)も揃っています。

有料にアップグレードすればさらにいろいろな機能が使えますが、無料でも十分対応できます。

ログインすると、大きなヘッダー画像の右下に「カスタムサイズ」という部分があります。

ここでサイズを指定して作成します。

横820px 縦360px の最大サイズで作成し、セイフティ部分はだいたいこれぐらいかな・・・勘を頼りに合わせてもいいですし、セイフティ部分を先に作ってjpgなどでダウンロードし、次に最大サイズを作って重ね合わせることもできます。

Canvaの使い方については、検索すればすぐにヒットしますので、そちらをご参照ください。

まとめ

いかがでしたか? ちょっと時間はかかるかもしれませんが、一つずつやれば必ずできると思います。

Facebookページを持つ最大のメリットは「広告が出稿できる」点だと冒頭にお伝えしましたが、Facebookの個人アカウントがあれば、Facebookページはいくつでも持つことができます。

例えば、自分が綺麗だなと思った写真ばかりを集めたページを作ることもできますし、自分の好きなアーティストの曲を集めた「ベストアルバム」的なページを作ることもできます。

アイデア次第で様々な「Facebookページ」を作ることができるので、ぜひ活用してみてください。

Follow Me!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です