どんなにいいものでも、売れない理由

品質もいいし、値段もお手頃。お客さんも手に取って見てくれている。だけどなぜか売れない・・・

あなたのお店にも、そんな品物はないでしょうか。


先日の事です。
お店である商品を私は手にしていました。

しかし、結局その商品を購入する事はありませんでした。

『これって、何に使えばいいの?』と思ったからです。

どんなに価格が安くても、どんなに品質が良くても、何に使えばいいのか分からない。どういう使い道があるのか分からない。

そんな品物に、お金を出す人はいません。購入する理由がないものを購入する人はいません。

ただであげると言われても、もらって使い道に困るようなものはいらないとなってしまいますよね。

こんな商品を、お客様に買っていただくには、『この商品は〇〇にご利用いただけます』とか、どういう使い道があるのか、何に使えばいいのかを伝えてあげる必要があります。

使用例としての写真とか、商品の近くに説明書きするとか、出来る事から始めればいいと思います。

手に取ったお客様に「何に使えるか」をお伝えする事で、今度はお客様が「これを買ったら、どんな事ができるのかな?」と考えてくれます。

これでやっと「お客様にとっての購入する理由」を作る事ができます。

使い道を伝える事が、商品を買ってもらえるきっかけになります。

そもそも、そんな商品をどうして仕入れちゃったの?と店主に聞きたいところですが、仕入れちゃったものは、どうにかするしかありません。


『使い道が浮かばない』と言う事についての解決策。

そのヒントは、案外身近な部分にあるかも知れません。

どんなに考えてもイメージできない・・・
寝ても覚めても分からない・・・
考えるだけ時間の無駄のような気がしてきた・・・

そんな時に一番簡単な方法は、「実際の購入者に聴いてみる」という事です。

手に取って眺めて、レジまで持ってきたお客様に「どのようにお使いですか?」と聞いてみる!

買う人もいないようなら、従業員でも家族でもいいので、手あたり次第周りに聞いてみると言うのもありです。自分一人じゃ分からなくても、誰かいいアイデアを持っているかも知れません。

かなりアナログな方法ですが、何もしないよりはましです。価格を安くすれば買ってくれるかも知れませんが、大概の売れ残っている商品は価格を安くしても売れません。

だったら、どうにか購入する理由を探して、お客様に伝えるようにしてみませんか?

Follow Me!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です