フィボナッチの数列

皆さんはご存知でしょうか?

「フィボナッチの数列」というもの。
以下のような数列です。

1、1、2、3、5、8、13、21、34・・・・

隣り合う2つの数字を足すと、もう一つ隣の数字になると言う法則で並んでいます。

1と1を足せば2になる。
1と2を足せば3になる。
2と3を足せば5になる・・・

だから、34の次の数字は〇〇となります。
(答えは一番下に書きました。って書くと途中をすっ飛ばして一番下を見ちゃうあなた!
ちょっと待ってください。これからいい所ですから。)

こんな数字を羅列したところで、『だから、何?』とお思いですか。

これが、実は売れる商品の開発ヒントになるとしたらどうでしょうか?

もう一つ、このフィボナッチの数列について、お伝えしたい事があります。
右の数字を左の数字で割ってみます。

 3÷ 2=1.5
 5÷ 3=1.666
 8÷ 5=1.6
13÷ 8=1.625
21÷13=1.615
34÷21=1.619

だいたい1.61前後になります。
何となく気づきました?

実はこれ、黄金比(1:1.618)と呼ばれるものです。

なぜだか分からないけど、人間はこの比率を目で見ると「綺麗だな」とか「整っているな」とか、「かわいい」とか「安定している」と感じるようです。

この黄金比でよく目にするのが、パルテノン神殿です。

パルテノン神殿に見る黄金比

さらに自然界にも、普通にあったりします。

植物に隠された黄金比

んで、こんなところにも黄金比が存在したりします。

猫に隠された黄金比

なぜ猫がかわいいのか?なぜ癒されるのか?
それは、実は黄金比がそこにあるからなのかもしれません。

それか、猫は人間にかわいがってもらえるように、長い年月をかけて黄金比を手に入れたのかも知れませんね(^-^)

黄金比を探してみると、さらに身近な所にありました。

アップルのロゴに隠された黄金比

あなたも持っているのではないでしょうか?
iphoneやipad、あちこちについているあのリンゴ。

そう、アップル社のロゴです。

実は、怖いくらい黄金比だらけです。
もちろん、緻密に計算されて制作されています。

私達の脳は、なぜかこの黄金比に反応してしまうようです。

なぜか惹かれる・・・
なぜか手に取ってしまう・・・
なぜか購入してしまう・・・
なぜか収まりがいい・・・
そこに無いと落ち着かない・・・

誰でも快適なものに囲まれて過ごしたいと思っているのなら、商品開発や広告にも「黄金比」を取り入れてみる事で、何かが変わるかも知れません。

ホームページやチラシの構成、
新しい商品のサイズやパッケージ、
ロゴなど 黄金比を取り入れられそうなものはいろいろありそうです。

どうですか?
あなたも黄金比を利用してみては?
(なかなか骨が折れますが・・・)

そういえば・・・
昔、エスビーの5/8チップというスナック菓子がありました。

実は・・・その開発秘話にも黄金比が隠れているとかいないとか・・・

答えは 55(21+34ですね)