辺りの状況に五感を研ぎ澄ませ、竿先に集中する。

2020年9月某日。

前回の悔しさを晴らすには釣り上げるしかない・・・。

で、行ってきました狩野川へ!

今回は、息子はいないので、初めての単独釣行。

前回の釣行でヨレヨレになったラインを新品に替えて、当たりがあった時のシミュレーションも行い挑みました。

ちょっと道をそれた駐車場に車を止め、車外に出ようとしたその時、目に入った黒い物体・・・。

イノシシの親子でした。

真っ暗闇では、自分以外の動くものには常にビクッとします。

釣りを開始したのは20時ころ。

その後、何度もエサを打ち替えますが、当たりらしきものは無く、日をまたぎました。

この日の朝焼けもきれいだった!

最初に当たりがあったのは翌朝4時ころ。

ギィ――― っと勢いよくリールからラインが引き出され、竿を持って合わせました。

合わせた感じでは、結構良い型。

まず沖に向かって走り、やはり流れに乗って下流に下ろうとします。

そこで前回の反省を踏まえ、リールのドラグを締めて竿を立てて応戦。

突っ走ろうとしますが、竿の弾力と巻き直した糸を信じ、半ば強引に寄せます。

ですがなかなか寄ってこない相手。

そこで、自分自身が後ずさりし、寄せた分だけ糸を巻き取ることに。

じりじりと寄せて、もうすぐタモ入れ。

ですが辺りは暗く、一人でのタモ入れに四苦八苦・・・。

息子がいてくれれば・・・と切に思った瞬間でした。

ですがどうにか無事にタモ入れ。

上がってきたのは手測りで約70㎝の良く肥えた鯉でした。

強引に寄せたため、口元が切れてしまい、かわいそうなことをしたなと反省。

取り合えず魚籠(びく)に入れて、明るくなってからリリースしました。

70㎝ほどの鯉。ファイトしてくれてありがとう!

今回の釣行は9月でしたが、大物が出るのは10月~11月にかけて。

メーターオーバーを求める旅は、まだまだ続きそうです。