仕事でチラシを作ったり、
ホームページのデザインをしていると
「この部分は目立たせたい!」
という部分が出てきます。


そんな時、
つい「黒背景に白文字にして目立たせよう!」
という衝動に駆られるのですが。。。

でも、実はこの反転文字
(「抜き合わせ」とも呼ばれるようです)、

『読みにくくなる』という理由で、
使わない方がよいというのです。

読みにくくなる ➡ 読まれない理由となり、
読まれない ➡ 反応に結びつかない理由となります。

チラシやウェブ制作者にとっては
知っておいて損な話ではないでしょう。

また、宣伝広告に携わっていなくても、
会社で何か文書を作る時に
「反転すると読みにくくなるんだっけ・・・」
と知っていれば、
反転文字をあちこち使って
「読みにくい」文章にしなくても済みます。

しかしなぜ「反転してはダメ」なのでしょうか?

その理由を
心理的原則と実験結果による事実からお伝えします。

反転してはダメな理由

私たち人間の目が
「そもそも反転した文字を読むことに慣れていない」
と言われています。

そのため、特に字が小さい場合は、
なおさら読みにくくなります。

その事を裏付ける実験をした人がいます。

(実験1)ホームズ氏と「重大な66インチ」

G.ホームズ氏が以下の様な実験をした。

被験者が文字を読めない距離に立たせ、フォントサイズは同じにした2種類のボードを用意。「文字が読める距離になるまで近づいてください」と伝える。

【結果】

  • 白地に黒い文字で印刷したボード(反転ではない)・・・66インチ(約168cm)の所で読めた。
  • 黒字に白い文字で印刷したボード(反転)・・・55インチ(約140cm)の所で読めた。

この結果から、『反転すると読みにくくなる』という実験結果がでた。

「現代広告の心理技術101」より参照

(実験2)ダニエル・スターチ氏と目玉の動きの流れ

広告研究家のダニエル・スターチ氏が以下の様な実験をした。

「これを読んで!」と被験者に大きい声で伝え、短いメッセージを読んでもらう。

【結果】

  • 反転していない場合・・・被験者は1秒当たり平均6語ほど読む事ができた。
  • 反転した場合・・・被験者は1秒当たり平均4語ほど読む事ができた。

この結果から、『反転すると読むのが遅くなる』という実験結果がでた。

「現代広告の心理技術101」より参照

例外的に効果的な場合

例えば・・・

  • ウェブサイトや新聞などで、他の広告にぎゅうぎゅうに囲まれているとき。
  • 大きな文字で短いヘッドラインを書くとき。

など、
同じような体裁のものが並んでいる時や
パッと見て分かる大きな文字を使う場合は、
効果的に目立たせることができるようです。

まとめ

いかがでしたか?

文字を反転すると

  • 読みにくくなる。
  • 読むのが遅くなる。

ということが、実験で証明されました。

しかし、「反転が悪い」ということではありません。

変化のない書面に変化を付けたり、
反転する事で逆に読みやすくなることもあります。

肝心なのは
「読みにくくなる」という事実を知った上で、
ポイントを絞って使う事
だと思います。

より「読み易い」文書作りに、
今回の内容を活かしていただければ嬉しいです。