この度、使い慣れてきたホームページのお引越をする事としました。

決断した主な理由は

『WIXの編集速度が重い』から。
(※2016年時点。)

今から10カ月前、無料でホームページを作成できる「WIX」というウェブサイトビルダーでホームページを立ち上げたのですが、記事数が増えるにつれて編集作業が徐々に重くなり、効率が悪いと感じるようになりました。

そこで今回目を付けたのが、『wordpress』です。

当初、自分に使えるのかなと感じていましたが、やってみると意外に楽しく、ページを作成する事にのめり込んでしまいました。

まだ、手直ししなければならない所はありますが、一通り完成と言う事でデビューさせようと思います。

今回は10ヵ月お世話になったWIXの感想をお届けしたいと思います。

これからホームページやECサイトの構築を考えていると言う方の参考になればと思います。

WIXを使ってみた感想

良かったところ

  • 直観的に作成できること
    ここに枠が欲しい、文字を入れたり写真を挿入したい、ページを増やしたい・・・といったことが、特に難しく考えることもなくできます。
  • きれいでおしゃれなサイト構築ができること
    業種ごとのテンプレートも豊富で、スクロールすると背景だけが動くようなホームページも簡単に作成できます。
  • SEO対策が分かりやすい。
    検索してみてもらうためのキーワードなどの設定が簡単です。

残念だったところ

  • 更新作業に時間がかかる。
    画像データや文書が増えるにつれ、編集に時間がかかります。
    WEB上にWIXのサーバーが設置されており、「自分のパソコンからログインして、WIXのサーバーに保存されている自分のサイトを修正する」と言う感じです。

修正を、ずっとネット回線を使いながら行う為、自分のパソコンの性能もよくないとちょっと修正しただけで数分フリーズしてしまう・・・と言う事にも繋がります。

  • 日本語テンプレートが少ない。
    きれいなテンプレートはたくさんあるのですが、ほとんどが英語表記のテンプレートとなっています。

WIX自体、イスラエル生まれと言う事で割り切って使う事になります。

  • チュートリアルもほぼ英語。
    何か分からない事があっても、英語で説明書きが書いてある・・・
    一刻も早く対応したいのに、まず英語でと言うのは正直辛い部分でした。
  • ECサイト(販売サイト)は作りづらい。
    やりようによっては、使えると思うのですが、商品の個別設定や送料の細かい金額設定はできず、カートも使いずらいため厳しいと感じました。
  • 有料にしないと「WIX」のロゴが付いてくる。
    サイトに愛着が湧いてくると、ロゴが消したくなってきます。ただし消すには、有料プランにアップグレードするしかありません。

ちなみに、ドメインの使え替えも、有料にしないとできません。

まとめ

と言う事で、WIXでホームページを作るなら

  1. 見た目重視のきれいなホームページをサクッと欲しい人。
  2. ホームページとしての機能に特化して利用したい人。
  3. ネット販売を考えているなら、オプション設定の少ない商材なら大丈夫かも。

と言う感じでしょうか。

ホームページに愛着が湧いてくれば、いずれは有料にしないと厳しいです。

2020年1月現在、フォント種類が増えたりとWIXも以前より使いやすくなっています。また2015年当時とはネット環境が改善され、通信速度も速くなったため、「もたもた感」は少なくなっています。
自力でホームページを作りたいという方にとっては、以前より魅力的なビルダーになっていますので、WIXを使ったホームページ作りも、是非ご検討してみて下さい。